English
HOME 学校案内 校内案内 本校で学びたい方へ 生徒活動 進学実績 こだま寮
Oulun Lyseon lukio
インフォメーション
フォレストピア学習の様子
学校説明会
表彰の記録
保護者へのお知らせ
パンフレットダウンロード
各種事務手続きダウンロード

五ケ瀬中等教育学校 同窓会
保護者へのお知らせ


アクセスカウンタ
今日 : 5757
昨日 : 195195195
総計 : 422765422765422765422765422765422765

2018/02/04
高校生国際シンポジウム 最優秀賞・優良賞 受賞

執筆者: gokase01

 1月31日,2月1日に鹿児島県で行われた高校生国際シンポジウムに5年生4名,4年生4名 計8名で参加してきました。参加校は22校で北は北海道から鹿児島まで運営に関わってくれた甲南高校の生徒さん達を含めると高校生257名が参加しました。課題研究の研究発表を英語または日本語で発表します。本校からは5年生が4名、Oral Presentation の国際問題・環境部門に中村薫さん、地域活性化部門に林田雄成くんと河野真依さん,国内社会問題部門に中村香懍さんが参加しました。4人とも緊張しながらも発表と英語や日本語での質疑応答に答えていました。

中村香懍さんが「未病で変える日本〜コミュニティでの運動による社会保障費削減〜」について英語で発表し最優秀賞をいただきました。また、河野真依さんも「ローカルから発信する新しいグローバルビジネスの実践と検証」について発表し優良賞を受賞しました。

 

発表の様子です。4人の審査員の前で発表しました。

講演もあり、4年生も一生懸命メモを取りながら聞きました。とてもいい学びに繋がったようです。

1日目の夜は生徒と審査委員の先生方と交流会です。

2日目発表がすべて終わって甲南高校に移動して,生徒交流会があり、生徒達はとても楽しそうでした。

発表では大学の先生や企業の方から鋭い質問がなされ、詰まる場面もありましたが、一生懸命答えていました。審査員の先生方の使用言語で聞かれることになっていたので、日本語で発表しても英語で聞かれる場面もあり、参加生徒全員にとって、英語を使う必要性を痛感するなど、今後の学習に繋がるとてもいい刺激をうけたようです。また生徒同士や審査員の先生方との交流の時間がしっかりと確保されていて、生徒同士の交流も盛んに行われていました。4年生は5年生の論文を読んで、想定質問を作成したり、発表の補助をしたりと5年生を支えると共に、自分のこれからの研究に向けて刺激を受けるいい機会になったようです。今後の研究や学習に是非繋げてくれればと思います。(津上)