English
HOME 学校案内 校内案内 本校で学びたい方へ 生徒活動 進学実績 こだま寮
Oulun Lyseon lukio
姉妹校
インフォメーション
フォレストピア学習の様子
学校説明会
表彰の記録
保護者へのお知らせ
パンフレットダウンロード
各種事務手続きダウンロード

五ケ瀬中等教育学校 同窓会
保護者へのお知らせ


アクセスカウンタ
今日 : 126126126
昨日 : 256256256
総計 : 494281494281494281494281494281494281

2019/03/20
フォレストピア最先端集落サミット

執筆者: gokase01

 
3月16日土曜日に旧鞍岡中学校コミュニティホ−ルでフォレストピア最先端集落サミットに4年生4名、5年生2名、本校職員3名で参加してきました。
これは宮崎県地域作りネットワーク協議会 地域作り団体交流イベントの一環で世界農業遺産 高千穂郷・椎葉山地域 認定3周年記念のサミットになります。主催はフォレストピアブロック会議実行委員会、共催はフォレストピア高千穂郷ツーリズム協会になり、協力団体として五ヶ瀬町、世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域活性化協議会などの9団体が参加する大変大きなイベントでした。食、教育、移住定住、ツーリズムの4つのテ−マでリレ−ト−ク、発表、トークセッション、インタビュ−ダイアログの4つの形式でサミットが開催されました。その中で高千穂高校がGIAHSアカデミ−の取り組みについて発表しました。五ヶ瀬中等の4年生はグローバルフォレストピア学習の内容を発表しました。フォレストピア会議実行委委員会によってサポートを受けて課題研究を行ってきた6年生の岡田さんの取組容について紹介しました。また、同じくサポートを受けて行っている5年生黒木惠介くんが「古(いにしえ)の力を借りて 〜雑穀で耕作放棄地量の減少を目指して〜」と和田真季さんが「五ヶ瀬暮らし体験 〜五ヶ瀬町の財政向上を目指して〜」というテ−マで発表を行いました。その後、食、教育、移住定住、ツーリズムの4つのテ−マで分科会に分かれて20年後についてグループワークを行いました。
  

生徒の感想

参加者の方々の地域を愛する力がすごく伝わってきて、本当に地域を愛しているんだと感じた。(4年)

サミットを通じて「生の声・当事者の声の力強さ」を感じた。様々な活動の第一人者が集い、語り合うこの場は高校生同士では成し得ないほどの濃い時間を過ごすことができた。(5年)

 

先生方の感想

生徒や参加した私たちにとっても非常に学びの多い一日になりました。地域の魅力を知る上で地域の方と語り合う場の必要性を強く感じました。生徒には今回のサミットへの参加を通して学んだことを今後の研究に生かしてほしいと思います。(津上・鈴木・西村)